スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
by KJ  at --:-- |  スポンサー広告 |   |   |  page top ↑

(本編その2)ライトニングドララ

さて、そろそろドラゴンの扱い方にも大分慣れてきた頃かと思います。ならば次のステップに参りましょう。


「入門用ドララ」から援軍処理を省いてより最終系に近づいた「ライトニングドララ」のご紹介です!

準備するものは、

ライトニング3発

ドラゴン10匹

高レベルドラゴン援軍1匹

ただこれだけです。非常にシンプルです。


では、実際のやり方です。本来のドララの利点の一つである、

援軍処理の必要がない

という特徴を生かしつつ、慣れが必要なレイジやヒールを使わず、動かない建物という狙い易い目標にただライトニングを使うという手順になっています。


最初はやはり、対空砲にライトニングを3発叩き込み破壊します。あとは援軍処理をせずにサイドカットを意識しながら残りの対空砲の近くから自前と援軍のドラゴンを展開するだけ!

簡単でしょう?


「入門用ドララ」では確実性を増す為に援軍処理を行いましたが、範囲攻撃を持つドラゴンは元々援軍に強く、ドララをやる限りわざわざユニットを割いて対応する必要がありません。

ですので、この先TH8中盤までドララをやることになる関係もあり、慣れてきたのなら高THで基本になるこの形を経験するべきだと思います。


さて、この形のドララに関する注意点を上げると、


ライトニングのレベルは3以上

これはライトニングという呪文が元々ランダム性が高い為、極力「ライトニング3発で対空砲を破壊出来なかった」という状況を避ける為です。


ドラゴンは固め過ぎない

相手に高THが混ざっていた場合、ドラゴンが一点に固まっていると、高レベルのウィザード(高攻撃力で範囲攻撃を持った遠隔ユニット。以後wizと表記)にまとめて焼かれ攻撃に失敗する恐れがある為です。特に敵クラン城が近い場合の一点出しは厳禁です。


この2点になります。あとは「入門用ドララ」と同じことをすればまず星3は間違いないと思います。


ただし、何度も申し上げますが、ライトニング3発が無条件に通用するのはTH7までです。なぜなら、TH8以降はさらに対空砲が増え、対空砲一本あたりの重要性が下がる為、ライトニングの効果もまた相対的に下がるからです。
TH7なら対空砲一個を破壊すれば全対空砲50%の破壊が見込めますが、TH8だと33%、9なら25%しか破壊出来ないのです。


その為、先を目指すなら次回紹介予定の「レイジを使うドララ」を身に付ける必要があります。そのことだけは頭に入れておいて頂きたいと思います。


では次回の雑記でまた会いましょう!
スポンサーサイト
by KJ  at 23:28 |  クラクラ雑記 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

(ようやく本編)初心者向けドララ

長々と遠回りをしてまいりましたが、やっとこさ実際のやり方の話までやってきました!
正直な話、今までの話はほぼ全てただのうんちくですのでスルーしても何の問題もありません。ただkjが語りたかっただけの部分です!

ではやっと始まる本編に参りましょう!
今回は「初心者でもちょっと面倒だけど、割と安定して星3を狙えるドララ」のお話です。




さて、いきなりですが無敵のドララでも失敗することはままあります。失敗する時の原因のほとんどは、

呪文の使い方を間違える

集まったドラゴンが援軍ウィザードにうっかりやられる

ドラゴンが対空砲からそれて外周を回ってしまう

四隅の施設を忘れて時間切れ

この4種のミスのどれかに当てはまるのです。
逆に言えばこれらのミスを確実に排除していけば、星3は間違い無いということです。


そこで、これらのミスの要因を極力簡単な手順で排除するドララのやり方を考えて、以前自分の所属するクランで広めたことがありました。


ライトニング

援軍処理

サイドカット

援軍ガーゴイル


4個の要因に対して一つづつ対策をしていくことで、失敗する可能性を極力排除する手順です。
ただ、後々分かったことですが、ライトニングに頼ることによってTH8以降の生命線である「レイジの使い方」を練習する機会を失い、

TH8に上がった直後に苦戦する

と、いう弊害も分かりました。よって今回はこれを「入門用ドララ」として紹介致します。これでドララの流れを掴んでから次回以降に紹介する「普通のドララ」へステップアップすることをお勧め致します。



事前の準備です。まずドラゴンを9匹とジャイアント2匹、アーチャー10人とライトニング3発を生産します。

次に援軍要請でガーゴイルを10匹送ってもらいます。

そして、出来る限り対空砲のレベルが低い村を探して攻撃を仕掛けましょう。



では攻撃開始後の手順です。


まず初めに、画面を最大まで拡大し、二つの対空砲のうち、

よりレベルの高い方、レベルが同じならより中心に近い方

の対空砲へ、出来る限りど真ん中を狙ってライトニングを3発落とします。


そして相手クラン城の最も近い位置からジャイアントを出し、援軍を釣り出し、アーチャー10人とドラゴン1匹で援軍処理を行います。


援軍処理後、対空砲から最も近い位置から施設で、3から4個離れた位置へドラゴンを一匹づつ出してサイドカットを行います。

サイドカット用のドラゴンが最初の施設を破壊後、外周へ向かうのを確認(対空砲の方へ戻るならさらに一個外へドラゴンを出して下さい)したら、サイドカット用のドラゴン2匹の間に、一直線かつ等間隔になるようにドラゴンを出します。


あとはドラゴンが対空砲を破壊するのを待ちます。援軍は、万が一ドラゴンが対空砲を攻撃せずに逸れて行った場合に使います。
この時の出撃位置は、対空砲との間に邪魔をする施設がない場所から出して下さい。そうすることで、撃ち漏らしの対空砲に援軍が向かい、対空砲を破壊出来るはずです。

対空砲を無事破壊出来た場合は、ドラゴンが通過し、対空爆弾の心配の無いことを確認出来た場所からガーゴイルを出撃しましょう。


ここまでくればもう、勝ちは揺るがないでしょう。4隅の大工小屋も動きの早いガーゴイルが破壊してくれますし、対空砲の無い村などドラゴンの敵ではありません!





これが一連の流れになります。本来ならドララは援軍処理が要らない戦術ですが、不確定要素を排除する為に、この手順では敢えて行っていることをご了承下さい。


次回は、その援軍処理を行わない手順を紹介致します!
by KJ  at 21:14 |  クラクラ雑記 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

ドララで楽しく勝つ為に…!

どんな戦術を扱うにしても、その特徴を知らずにただ使うのと、理屈まで理解した上で使うのでは、勝率もさることながら、まず楽しさが違います。
今回はそのあたりを掘り下げつつ実際の編成や取り扱いの注意点を語らせて頂きます!


ドララの強さのキモは、攻撃と耐久を兼ね備えた万能ユニットが大量かつ、一度に押し寄せるところです。

高耐久を生かした囮役

高威力を生かした攻撃役

両方の特徴を生かしてお互いを囮にしながら、全てのユニットが主力として施設を破壊するから強いのです。
盾役のジャイアント、壁破壊のWB、攻撃役のウィザードなど役割がきっちり別れてる陸戦とはそこが大きな違いです。
よってその特徴を生かす為にも気を付けなければいけないことがあります。

ドラゴンの数をむやみやたらに削らない

という原則です。ドラゴンの数が力の全ての戦術ですので、

常に9ないし10のドラゴンで編成する

のが大切な所です。コストを節約しようとしてドラゴンを減らして他のユニットを混ぜることはそのまま不利となっていきます。もちろん、相手の村の状況によってはそれが有利に働くことはありますが、確実に星3を取りたいTH7ではリスクを避けるべきだと自分は考えます。
特に陸戦ユニットとの混用は厳禁!大砲その他の対地施設の攻撃が全て陸戦ユニットに降り注ぐことになり、集中砲火を浴びてロクに攻撃も出来ずに破壊されることになるのが目に見えているからです。




強い強いと連呼してきたドララですが、もちろん弱点も存在します。その高いコストもさることながら、空戦ユニットであるため

対空砲には滅法弱い

という宿命的なウィークポイントです。対空砲はレベルが上がる度に加速度的に攻撃力が上昇して行く為、高レベルになればなるほど、数が増えれば増えるほど、脅威は飛躍的に増していきます。裏を返せばドララは、

対空砲をいかに早く、確実に落とすか

が勝利の鍵になるのです。そのためにも出撃地点や、ドラゴンの展開の仕方には注意しなくてはなりません。また、そこを考えるのがドララの楽しみでもあるのです。


また、これも出撃地点や展開にも関わってくるのですが、出撃枠の大きさからくる「総ユニット数の少なさ」にも悩ませられます。
ユニットの数が少なく、また移動速度が遅い為、うっかり残した四隅の大工小屋を破壊できず星3を逃す失敗もよくあることの一つです。これらの理由から、


広い範囲をカバー出来るように散開


しつつ、なおかつ


お互いをフォローし合える程度の近さ


で、ドラゴンを並べる必要が出てくるのです。お互いの力の差があれば一点出しでも勝てることはありますが、それでは「確実に星3を取れるチャンス」をみすみす捨てることにも繋がり兼ねません。



このように強みと弱みを併せ持つドララ。理解の方は進みましたか?それではいよいよ実際にドララを使ってみる段階に入ろうかと思います。
初心者向けの編成と展開の仕方を、毎度お馴染みのねちっこい解説と共にご紹介いたします!
by KJ  at 19:49 |  クラクラ雑記 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

そもそもドララって…?

今回はなぜTH7はドララばかりが流行るのか?と言うところにスポットを当ててみようと思います。


流行るのは当然強いからなのですが、その強さを理屈で語ると…


空戦ユニットがメイン

空戦ユニットは大砲や迫撃砲、また対地のトラップを完全に無視した挙句、壁の影響すら受けずに進軍します。
対地より対空の施設は少ない為、ダメージを受ける機会も減りますし、その少ない施設さえ破壊出来れば簡単に勝利が確定してしまうのです。
そのうえ、壁に関する一切合切を考えなくて良い分、考えることが少なくて済むのですから、コレは大きなメリットです。
ウォールブレイカー(壁の破壊専門の兵種。以後WBと略す)に貴重な出撃枠を割く必要が無くその分を戦力に回せるのも有り難いことです。


基本的にオーバーキル

ドラゴンや呪文のレベルが上がれば、戦力の半分以上が生き残れることがある程の火力と耐久力があります。
これはつまり、万が一何かの失敗があってもどうにかなってしまうだけの余裕があるということにも繋がる為、攻撃成功の可能性も非常に高いということになります。
また、余裕があるということで、ドラゴン一匹分20枠の戦力を他の兵種に入れ替えても十分戦える為、相手に合わせて状況に対応出来る汎用性があるのも魅力です。


この二つの理由から、

簡単かつ安定して星3ゲット出来る

という大きなアドバンテージを得て、今もTH7はドララが席巻し続けているのです。


対するデメリットは資源コストや時間的なコストが高いことくらいです。これは流行らない方がおかしいですよね…?


理屈は理解出来たと思いますので、次はもっと実践に近いことをお話してみようかと思います!
by KJ  at 10:42 |  クラクラ雑記 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

星3の道もまず準備から

さてここからは、TH7のポイントゲッターを育成する為に必要な前準備に関して解説して行こうと思います。かなりやることは多いですがこれから先もクラクラを楽しむ上で必要なことです。頑張りましょう!


まずは村の育成です。TH7に上がったことで多くの要素が開放になりましたが、その中でもクラン戦だけでなく、通常の略奪でも効果の大きいものから手を付けて行きましょう。


その1 アーミーキャンプ

TH6では150しかなかった出撃枠。TH7では50増えて最大200までとなります。割合で見ると約30%にもなる大きな強化です。普段の略奪にも大きな影響を及ぼす部分ですので最優先で上げていきましょう。


その2 呪文工場

皆さん呪文が一つ増えることによってどれだけの戦力が増強されるかを考えたことってありますか?

例えばレベル3ヒールをレベル4ジャイアントにかけたとします。ジャイのHPは520、ヒールの総回復量は1000になります。
おや?ヒール一発でジャイの耐久力が3倍になっちゃったよ…?

まあこれは極端な例ですが、呪文一つでもどれだけ戦闘に有利に働くか、分かったと思います。コストが重く、常に使うものではないですが、あると無しではかなり略奪量も変わります。早い段階で3回の呪文が使えるようにしておきましょう。
また新たに使えるレイジは、最後までお世話になる強力で汎用性も高い呪文です。その使い方に慣れる為にもレベルアップを頑張りましょう。


その3 研究所

何度もTHのレベルアップをしてきた皆さんなら、改めて述べるまでもなくその有用性は身に染みていると思います。
これも必須です。

その4 兵舎

兵舎はとりあえずすぐに上げる必要こそありませんが、結局これを上げないとドラゴン自体が生産出来ません。
一つでもなんとかなりはしますが、ドラゴンは1匹で30分(!)という長い時間が生産に必要です。10匹揃えるのに5時間なんてそう毎回はやってられませんし、出来ればドラゴンを生産出来る物を二つは用意したい所です。


この四つは必須事項です。これに加えてレベル1でも良いのでバーバリアンキングもあると鉄板です。ダークエリクサー(上位資源。TH7から運用が可能に。専用のタンクの建設が条件。略してDE)を集めるのはTH7にとってはかなり大変ですが、あると世界が変わります。頑張ってDEを集めましょう。



前提となる準備はこのくらいでしょうか。ここでは触れなかった生産施設や防衛施設も、資源を増やし、それを守る為にも必要なものですから手が空き次第どんどんレベルを上げましょう。

次からは実際のドラゴンラッシュに話を進めます。
by KJ  at 17:47 |  クラクラ雑記 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。