スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
by KJ  at --:-- |  スポンサー広告 |   |   |  page top ↑

対人におけるアタッカー考(その2)

仕事が早めに終わり、早々に宿舎に引き上げてきたkj。

本当は早く終わったら近くの街まで「趣味のお店」を探しに行こうかと思ってたんですが…

コメントに返事してるうちに「書きたい衝動」が「趣味をやりたい衝動」を上回ったので昨日の続きやります!

まあ外に出るのかったるくなったというのもありますが…

なんというダメオヤジ!



あ、その前にちょっと昨日触れた「忍法」について補足&訂正をば…



忍法を含む忍者全般には「不意打ち」という強力な技能があります。

鍛えに鍛えぬいた忍者の放つ「不意打ち」は陰陽や鉄砲に肩を並べる強力な火力です!

が。

「隠れ身」という準備技能が必要な為、毎ターンダメージを叩き出す「陰陽」や「鉄砲」より若干タイミングが分かりやすく、総ダメージも少ないという弱点があることを追記致します。

ただし、最大ダメージが大きいのは事実。他アタッカーとタゲを合わせることでその凶悪なまでの最大ダメージは「死に至る致命打になりうる」こともご承知下さい。

ただ乱れに関しては、昨今の「ランダムがあふれる」対人環境の影響で「回向・全体救護入り徒党」が増え、それらの技能でイーブンに持ち込まれうるケースも増えた為、以前程の「無敵感」が「薄れつつある」というのがkjの見解です。こちらも併せてご理解頂けると幸いです…



さて今回は近接アタッカー3兄弟についてkjなりの考え方を垂れ流します!

あくまでもkjの考えなので真に受けて悩んだりしないで下さいね…?



物理アタッカーの筆頭とも言える「武芸」ですが、最大の魅力はやはりその瞬間火力!

結界で軽減されたり
援護されたり
守護されたり
回避されたり
呪縛されたり
釣られたり

と、たしかに目標に着弾しにくいのは事実なんですがそれを補って余りあるその爆発力は見る者を驚愕させます。

万が一結界無しでその一撃を食らおうものなら体半分を持っていかれる覚悟をしなくてはなりません…

ハイリスク・ハイリターンを絵に書いたような特化ですが、沈黙・陣形・看破の

「侍優良技能御三家」

があるのはかなりのアドバンテージで、うちのこじろーさんも言うとおり、初期知力0振りでも準備を止められるのはかなりデカい!

育成・構成・運用を練れば「徒党のエース」にすらなれると思う特化です!

博打要素が減れば間違いなくトップクラスなんですけどねぇ…w



続きを読む »

スポンサーサイト
by KJ  at 19:41 |  適当なおしゃべり |  comment (6)  |  trackback (0)  |  page top ↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。